第91回絵画部 新メンバーと受賞者の言葉


古草 敦史  会員推挙   損保ジャパン美術財団賞  
この度は、損保ジャパン日本興亜美術財団賞と会員推挙を賜り、大変に感激しております。これまで先生方や皆様の励ましを糧になんとか制作を続けることができました。今後、国画会の一員として微力ながら会のお役に立つように努めることと、正直にわたしの絵が描けるように一層、精進して参りたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。
畔上 朝一  会員推挙  
30年来の思いが叶い夢のよう。諸先生方に感謝。久し振りに描きたくなる「モチーフ」に出会い、出品日ギリギリまで制作・・・・が、納得いかないまま終了!!参りました。「ああすれば」「こうすれば」良かったな、と反省です!「形・思い」それから「こだわり」等、自分の世界を少しでも表現できるよう努力していきたい。どうなることやら?
鈴木 節  会員推挙  
この度は国画会会員に推挙していただきましてありがとうございました。国画会のために一層の尽力をして参りたいと思っております。絵画の道に入って以来、クレーンのイメージの抽象化と工事現場の音をテーマに制作してまいりました。何か自分のやりたいことが少し見えてきたかなァというところで、新会員というご褒美いただき、この道に進んでよかったという気持ちでいっぱいです。
本城 義雄  会員推挙  
北国の当地は5月に入り北辛夷とえぞ山桜が満開でした。この連休中に会員推挙の知らせを頂き喜びと同時に責任の重さに身が締まる思いでした。モチーフとして蒐めはじめる生活骨董の数はまだ百年は描けると豪語するが何故か毎回同じモチーフが登場してしまう。事物との関係をリアルに表現する事も絵画の一方向と思う。その結果がこの度の会員推挙に継ったのかとも考える。筆舌に表わしがたい感謝の気持ちをご理解下さい。
和崎 正美  会員推挙  
この度は、国画会会員に推挙していただき、誠にありがとうございます。国展出品20回目の節目に新会員となれましたこと、大変うれしく思っております。これまで支えてくださった恩師をはじめとする諸先生方や皆様からのご指導、ご鞭撻に心から感謝申し上げます。今後は一会員として作品に向き合い、試行錯誤を続けてまいりたいと思います。これからも変わらぬご指導、ご鞭撻を宜しくお願い致します。
渡辺 夕里子  会員推挙  
新会員に推挙して頂き誠にありがとうございます。いつもおおらかに見守り、励ましてくださる先生方や家族、皆様に感謝申し上げます。「こんな大きな美術館に自分の絵が飾れたらなあ」という想いで初めて出品させてもらってから数年、このたび新たなスタートラインに立たせて頂けたことを大変嬉しく思っております。これからもどうぞ宜しくお願い致します。
河路 郁美  準会員優作賞  
この度、準会員優作賞を受賞させて頂き、ありがとうございました。ご指導して下さる先生方や、応援して下さる皆様のおかげです。心より深く感謝申し上げます。幻想の世界を形にしていく過程で、描いては消し、消しては描きを繰り返して制作しています。これからも、より一層精進してまいりますのでよろしくお願いたします。
福田 あつ子  準会員推挙   国画賞  
この度は、国画賞及び新準会員推挙をいただきましてありがとうございました。このような栄えある賞をいただけたことが、今でも夢のようで感謝の気持ちでいっぱいです。まさに絵のタイトルのように「ひと夢」の中に自分が浮遊しているかのような夢心地です。多くの先生方のご指導を賜り、たいへん感謝いたしております。これを機に、これからもたゆまずコツコツと精進してまいりますので、ご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。
瀬谷 豊  準会員推挙   新人賞  
この度は、新人賞と新準会員推挙ありがとうございました。第91回国展は自分にとって節目になりました。国展関係者の先生方、応援してくださった皆様、私と関わり、サポートしてくれた方々に感謝しております。ありがとうございました。頑張ります。
東山崎 茂子  準会員推挙   新人賞  
この度は新人賞受賞並びに準会員の推挙をいただき、誠にありがとうございました。昨年に続いての受賞に驚きと喜び、そして改めて身の引き締まる思いがいたします。いつも暖かく指導してくださる先生方、一緒に励む仲間に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも“トモダチ”を追いかけます。ご指導よろしくお願いいたします。
青木 成美  準会員推挙   会友賞  
この度は、会友賞の受賞及び準会員推挙を賜り誠にありがとうございました。初入選した時から一つの目標だった準会員というスタート地点へ到達することができ大変光栄に思います。同時に身の引き締まる思いです。沢山の先生方、先輩方に出会い導いて下さった事に改めて感謝申し上げます。新準会員として恥じぬ様、日々絵と向き合い、精進して参ります。今後とも宜しくお願い致します。
二宮 孝子  準会員推挙   会友賞  
国画会は団体展のなかで一番厳正で公正な審査をして頂ける会だと聞いています。この度の受賞と準会員推挙は夢のようです。地方で暮らす私は僅かな先生方しか存じ上げません。国画会を信じて良かったと思います。唯、ひたすらに、キャンバスに向かって女性らしい情感を描き続けています。たおやかで、情愛のあふれた目で自然に接し、神秘的な色や官能的な「かたち」を、こころの赴くままに描きたいと思います。先生方のご指導をどうかお願い申し上げます。
森本 恭代  準会員推挙   会友賞  
第91回国展におきまして会友賞を頂き、そして新準会員に推挙して頂きましたこと、とても嬉しいです.ありがとうございました。こうして国画会でたくさんの先生方に温かく育てて頂いておりますこと感謝の気持ちでいっぱいです。この喜びと感謝の気持ちを土台としテーマの「ありがとう」を真心こめ深めていく作品づくりに取り組んでいきたいと思っております。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。本当に、「ありがとう」ございました。
八木 聡悟  準会員推挙   会友賞  
準備中
梅田 勝彦  国画賞  
この度、栄えある賞を頂きありがとうございました。今まで指導していただいた皆様のおかげと心から感謝いたしております。この受賞を励みに、より一層の努力をおこない、自分の画業を邁進してまいります。今後とも宜しくご指導ご鞭撻賜ります様よろしくお願いいたします。
厚芝 ひろみ  新人賞  
この度は、新人賞をいただき本当にありがとうございます。今年は、絵筆を握ってちょうど10年目の節目の年になります。大学院2回生からの少し遅めのスタートでしたが、毎年国展の先生方にたくさんのご助言をいただきながら邁進していくことができました。感謝しています。ありがとうございます。今後も気をひきしめながら、一歩一歩しっかりと進んでいこうと思います。自身と共に、自然と絵が変化していき、いろんな表情を見せてくれることを楽しみにしています。
宋 貴美子  新人賞  
人生いろいろな方と出逢い五輪の環のごとく、ご縁を重ねてまいりました。“90回記念国典”におきましては皆様より熱き応援をいただき…“新人賞”を。夢のようです…ビックリと感謝で…いっばいです。この喜びを今後の制作にいかしてまいりたいと思います。本当にありがとうございました。
中村 武志  新人賞  
絵を描き始めた頃になんとなく思い描いていた画家のイメージと大きくかけ離れた日常生活と作品製作の中で、これでいいのかと思い悩む事も多いのですが、それでも自分に出来る事はちゃんとやりたいと思い続けてきました。今回賞を頂き、これでいいからもう少しがんばれと言われているような気がしています。有り難うございました。
岡本 皖子  会友賞  
この度は、思いもよらぬ会友賞をいただき、ご指導下さいました先生方に、感謝と、お礼を申し上げたいと思います。この賞を糧に、より一層の作品をめざして、頑張ってみたいと思います。今まで同様、ご指導よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。
松枝 美由紀  会友賞  
この度は、会友賞をいただき誠にありがとうございました。これもいつも温かく、時には厳しくご指導くださる先生方と、一緒に励む仲間の支えがあっての事と心より感謝致します。この賞を機にこれからもなお一層精進して参りますので、今後ともよろしくお願い致します。
黒川 麻理子  絵画部奨励賞  
この度は、絵画部奨励賞を頂き有り難うございました。驚きと喜びが同時に押し寄せ、徐々に責任感と申しますか、気を引き締めて制作に励まねばとの思いが大きくなっております。温かく、時には厳しくご指導してくださる先生方や、批評し合い、アドバイスしてくれる仲間に心から感謝しております。受賞を機に、より良い作品が描けるように努力していきたいと思います。今後ともご指導よろしくお願いいたします。
千川 岳志  絵画部奨励賞  
ジェームズ・ホエール監督による映画「フランケンシュタイン」は今もなお私に新鮮な感動をもたらします。別人の人体を組み合わせて一人の新しい人間を作るという考え方は自身に、創造性とは何かという問題について内省を促します。
原 真吾  絵画部奨励賞  
「この度は第91回国展におきまして、絵画部奨励賞をいただくことができました。受賞することができましたのは、日頃より温かく応援してくださっている諸先生方のおかげです。どうもありがとうございました。感謝申し上げるとともに、今後も制作に励んでまいりたいと思います。」
森田 恵美  絵画部奨励賞  
この度は絵画部奨励賞をいただきありがとうございました。18歳から絵画の道を志し、途切れそうになる事もありましたが、四年前の国展出品をきっかけに、更に新しい気持ちで自身のテーマを模索する事が出来ました。それは、国展で素晴らしい方々と出会えたからです。奈良という土地が持つエネルギーを、作品に描き込めるよう頑張ります。今後ともよろしくお願い致します。
山本 大也  絵画部奨励賞  
この度第91回国展におきまして、絵画部奨励賞をいただきありがとうございます。トロンプ・ルイユというテーマは続けつつも、まだまだ更なる研究と改良を重ねていかねばなりません。これからも停滞せぬよう、変化し続けていく所存です。

90回展の「絵画部 新メンバーと受賞者の声」はこちら

top of page